FC2ブログ
つれづれなるゲマの日記だゲマ
とらドラ!、花咲くいろは、デ・ジ・キャラット、FF、ロマンシング・サガ、ASIAN KUNG-FU GENERATION、進行方向別通行区分のことを愛してやまないゲマの、吉田兼好の徒然草を超えると言っては超過言である、さりげ慶應生な日本語力0のバカがつづる日記らしき有機物
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013 センター試験事後報告
《(僕の)大学入学者選抜大学入試センター試験時間割》
1月19日(土)
8:00~10:15  入室 
10:40~11:40 地理B(60分)
13:00~14:20 国語(80分)
15:10~16:30 英語筆記(80分)
17:10~18:10 英語リスニング(60分)
帰宅

1月20日(日)
8:00~9:05  入室
9:30~11:40  物理Ⅰ・化学Ⅰ(130分うち10分答案回収)
13:00~14:00 数学ⅠA(60分)
14:50~15:50 数学ⅡB(60分)
帰宅




《結果報告》
英語 182/250(72.8%)
 筆記 140/200
 リス 42/50
国語 127/200(63.5%)
 現文 65/100
 古典 62/100
数学 186/200(93.0%)
 ⅠA 86/100
 ⅡB 100/100
理科 170/200(85.0%)
 物理 86/100
 化学 84/100
地理B 61/100(61.0%) 

合計 726/950(76.4%)
 英数物 454/550(82.5%)
 英国数物 581/750(77.5%)




《反省&言い訳》
今年は難しかったらしいですね
過去問は解いてない勢でしたが、模試程度の成績しかとれんかった
国語は難しいのということで百歩譲って、英語の筆記はあまりにもひどすぎる
8割安定してきたと思ったら本番で67%という暴挙
英語筆記古文物理は失敗ですね
地理はノー勉にしては上出来です

去年のセンター同日試験と(今年の方が難易度は上がっていますが、)比べると、約100点アップ
(本番よりやや難しいはずの)いつもの模試の国語(7割)英語(8割)で換算すると約150点は上がったということになります
一応成長はしました


まぁこれで難なく国立は受けられますね
とりあえず受験資格は獲得できました




《予備校などのレビューを踏まえたの考察》
英語

筆記:平年並み

謎の電話番号 555-456-0721
悪意しか感じられない
真面目にやってる側からすると、なめられていると言っても仕方ない
その他特筆はない
強いて言うならば、なぜこんなに僕はこけたのか
前の時間の国語がひきずったか?

リスニング:やや易
過去最高得点
模試で一度40取ったきりぱっとしなかったが、安心
簡単だったってね


国語:難化

評論:やや難
まさかの随筆である
誰が予想しただろうか…
本文がとにかく意味不明
主張謎・結論謎
なんていうか、つかみどころのない文章ってイメージ
本文量もかなり増加
その代わり設問はやや易しかったらしい
そのおかげで悲惨な点数ではなかった

小説:やや難
長いって…
そして本文意味不明
こっちも設問はやや易しめらしい
そのおかげで悲惨な点数ではなかった

古文:やや難~難
本文も設問もやや難な年であったらしい
時間に余裕なく撃沈
いつも20分強使う配分のところ、評論のせいで15分で解くはめに
粗読みで\(^o^)/

漢文:やや難
本文若干減少
どうやら漢文も少し難しくなっているとのこと
いつも漢文最初に解くので、唯一救われたやつ


数学:悪問含む

ⅠA:やや難~難
文系殺し
とにかく計算過多煩雑
計算ミスが目立つであろう
また、第三問の図形が鬼畜で話題に
図を描くと、書くこと多すぎてぐちゃぐちゃになる
書いたところで解決に至らないケースが目立ったと思われる
僕は計算が合わなく撃沈しかけたが、筋の通る勘で後半を当てに行き、見事命中(8点?)
それ以外は特筆はない

ⅡB:やや易~例年通り
文系殺し
第三問にてセンター初の数学的帰納法が出題される
普段、数学的帰納法に慣れしたしんでいる理系にとっては簡単であった
その点、多くの文系は、このフレーズで考えることを放棄した人も多いとみられる
しかし、残念なことに数学的帰納法のノウハウは問題にならなかった
むしろ、書いてある指示に従えば、数学の知識を使わず答えられてしまう悪問であった
恐らく、それは配慮であったのであろう
ほかにも変更点があったが、微々たるものであった
全体的には易しくなっている


理科

物理:やや難
見たこともないような問題だらけ
教科書の細かい知識(波長と回折の関係)も一問出題された
中途半端な知識では返って出来なかったであろう
あとは教科書には載ってないが、常識で答えるべきであろう問題も一問みられた

化学:例年通り
やや易しいのかもしれない
特筆はない
一番普通であった
悪問もなく、テンプレが多かった


地理B:やや難
ノー勉も俺には難易度など関係ない
特筆できるほどの知識はなかった




《まとめ》
唯一易化したリスニング・数ⅡB除けば、全て例年通り~難化
特に国語・数ⅠAは話題に上がるほどの難易度となった
過去に出題されたことのないものが問題になるなど、今年のセンターは難しくつくられている上に、新しい試みが多くみられた
再来年から新課程初のセンターがあることが原因か?
試験を解いてて、試されている、利用されている、と謎の感情に何度も襲われた




多くの受験生が涙をのむ形となった
そういう特殊な年であった
こけた人はとことんやられ、上位層は揺るがない、安定して高得点
なんとなくそう感じる






ではこのへんで
でわでわノシ




<追記(2012/1/21 21:37)>
英語筆記・地理Bの点数違いましたので関連事項を修正致しました
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://gematinychildrenclub.blog.fc2.com/tb.php/222-f035c3db
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。